pep8準拠に

Python では, pep8 というコーディング規約(?)があって,
pep8 コマンドで,コードがそれに準拠しているかをチェックできる.
vim の syntastic と組み合わせると,ファイルを保存するたびに pep8 が実行され,
規約違反があった場合 vim の画面内の当該箇所に印がつく.
また,その行にカーソルを持って行くと,画面の一番下に,
どういう違反があるかが表示される.
例えば,変数名が短すぎる,関数名が hoge_hige() の形になっていない,コメント(docstring)がない,1行が長すぎるなど.
ひとまず自分の書いてるライブラリでエラーができるだけなくなるよう頑張る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です