BubbleSort(バブルソート:基本交換法)

隣り合うものの大小を比較して,交換する.

5 4 3 6 2が入力された場合,

4 5 3 6 2
4 3 5 6 2
4 3 5 6 2
4 3 5 2 6

n(=4)回の処理でこうなる.これで,最大の要素が最後尾にくる.

次に,同じことを,最後から2番目の要素までに対して適用する.

3 4 5 2 6
3 4 5 2 6
3 4 2 5 6

n-1回の処理が行われる.これを繰り返して,

3 4 2 5 6
3 2 4 5 6
2 3 4 5 6

でトータルn(n-1)/2回の処理でループが完了する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です