Github for Mac

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Github for Mac
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

気づけばGithubのクライアント,Github for Macがリリースされてた.
Windows版は以前から知っていて,Mac版が出るのを待っていた.

とりあえずgitクライアントとしてよく使う機能は大体できる.
リポジトリへの追加候補は,リストアップされるのでチェックを入れればOK.
ローカルのリポジトリへのコミット,リモートリポジトリとの同期がGUIからボタンひとつで実行できる.
ブランチの作成,管理もできるし,コミットログの管理や差分の確認もできる.
Github.comに公開しないような自前のリモートリポジトリでも使えるぽい.

まず,リポジトリの管理画面.

Github.com上にリポジトリを作成してそれをローカルにcloneすることもできるし,ローカルマシン上にリポジトリを作成することもできる.

リポジトリの作成.


という感じでリポジトリ名と説明,ローカルでのパスを入れるだけ.
チェックボックスで,Github.comへ公開するかどうかを指定できる.

まずはリポジトリのコミットログ画面.
まだ何もコミットしていないのでログはない.

こちらがリポジトリの設定画面.

リモートリポジトリを設定したり,.gitignoreを編集したりできる.
ここで指定したリモートリポジトリへ,同期させることができる.

こういう感じで,ぱっと見て操作できるので,コマンドラインのgitに慣れていない人には非常にいいかもしれない.

OmniGrafflePro使ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - OmniGrafflePro使ってみた
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

OmniGraffleProはMacのチャート図表作成アプリケーション。
非常に綺麗な図が作成できるようだ。
商品の紹介ページから引用すると。

『Omni Graffle』は、米国 Omni Group 社により開発された、Mac OS X用ビジネスドローイングツールです。パーツ同士の関連性を保った描画が特徴で、主にチャート図表を作成する際に有用な機能を搭載。ベクターベースの美しい図表作成を可能にします。

だという。

公式サイトから試用版がダウンロードできるので試してみた.

まずは起動画面.
いろいろなテンプレートが用意されている.

こちらがステンシルウインドウ.
この中からドラッグ&ドロップでワークスペースにオブジェクトを配置していく.

こちらがツールパレット.
線のスタイルや塗りつぶしの色などを変更する場合はこれを操作する.

そしてこれがワークスペース.
ここにいろいろなオブジェクトを配置していく.

適当にマウスのドラッグ&ドロップでこういうグラフがさっと書けた.
使い勝手のイメージとしては,PowerPointで図を描いていくのと同じような感じ.
色を変えたり矢印の両端を変えたり,かなり色々やれそう.

保存形式は.graffleという形式だが,[ファイル]→[書き出す] によって,PNGやPDF,SVGなどに出力できる.

試用期間は14日なので,その間フル活用したい.