パワポでポスター作り

学会ではポスター発表というのがあり,A0サイズの紙に発表内容を印刷して説明をすることがある.
そのポスター作り,Illustratorを使う人が多いかもしれないが,PowerPointもまぁまぁ使える.(ちなみに普段はPowerPointかInkscapeを使っている.InkscapeはPhotoshopに対するGimpの,Illustrator版みたいな感じ.)なぜかというと,PowerPointは普段のプレゼンでよく使うので,操作に慣れているから,というのが主な理由.
PowerPointでは普通は16:9のワイドスクリーンの表示に適したサイズのスライドが用意されている.ポスター発表ではこうしたサイズではダメなので,まず用紙をポスターサイズに設定する.
設定の仕方は,上のリボンから,「デザイン」→「ユーザー設定」→「スライドのサイズ」.普通はここで,「標準(4:3)」か「ワイド画面(16:9)」を選択するが,今回は「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選ぶ.
「スライドのサイズ」というウインドウが出てくるので,スライドのサイズ指定で「ユーザー設定」を選択し,幅84.1cm,高さ 118.9cmを入力してOKを押す.
これで,A0のポスターのサイズの巨大なスライドが作れる.あとは拡大率を適当に調整しながら,普段のプレゼンスライドを作る要領でシェイプや画像や文字列を置いていく.普通のプレゼン同様,デザインを作っておくと,同じデザインのポスターを作りやすい.
注意しないといけないのが文字サイズ.英語だとだいたい44ptぐらいが最小限かなと思う.タイトルには86ptを使っている.

OmniGrafflePro使ってみた

OmniGraffleProはMacのチャート図表作成アプリケーション。
非常に綺麗な図が作成できるようだ。
商品の紹介ページから引用すると。

『Omni Graffle』は、米国 Omni Group 社により開発された、Mac OS X用ビジネスドローイングツールです。パーツ同士の関連性を保った描画が特徴で、主にチャート図表を作成する際に有用な機能を搭載。ベクターベースの美しい図表作成を可能にします。

だという。
公式サイトから試用版がダウンロードできるので試してみた.
まずは起動画面.
いろいろなテンプレートが用意されている.
こちらがステンシルウインドウ.
この中からドラッグ&ドロップでワークスペースにオブジェクトを配置していく.

こちらがツールパレット.
線のスタイルや塗りつぶしの色などを変更する場合はこれを操作する.

そしてこれがワークスペース.
ここにいろいろなオブジェクトを配置していく.
適当にマウスのドラッグ&ドロップでこういうグラフがさっと書けた.
使い勝手のイメージとしては,PowerPointで図を描いていくのと同じような感じ.
色を変えたり矢印の両端を変えたり,かなり色々やれそう.
保存形式は.graffleという形式だが,[ファイル]→[書き出す] によって,PNGやPDF,SVGなどに出力できる.
試用期間は14日なので,その間フル活用したい.