QRadioButtonの使い方(その1)

Qt4.7を使っていて,ラジオボタンを使いたかったので,その使い方のメモ.
ラジオボタンは,以下のような,(グループ分けした)複数選択肢から1つだけ選ぶ際のUIとして利用されるもの.どれかが選ばれれば他の選択肢は選択から外れる.

ラジオボタンの図
ラジオボタン

これをQtで使う場合,QRadioButtonというクラスを使う.

#include <QApplication>
#include <QWidget>
#include <QVBoxLayout>
#include <QRadioButton>
int main(int argc, char **argv){
	QApplication app(argc, argv);
	QWidget *win=new QWidget();
	QRadioButton *radio1=new QRadioButton(QObject::tr("選択肢1"), win);
	QRadioButton *radio2=new QRadioButton(QObject::tr("選択肢2"), win);
	QRadioButton *radio3=new QRadioButton(QObject::tr("選択肢3"), win);
	QVBoxLayout *layout=new QVBoxLayout(win);
	layout->addWidget(radio1);
	layout->addWidget(radio2);
	layout->addWidget(radio3);
	win->setLayout(layout);
	win->show();
	return app.exec();
}

これで,3つの選択肢を表示できる.デフォルトでは,全てのラジオボタンが1つのグループになるようで,あるボタンを押すと別のボタンの選択が外れるのがわかる.
QRadioButtonの結果
次は,複数のグループを作る方法について書く予定.

“QRadioButtonの使い方(その1)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です