flymake-mode++

Emacs22にはflymake-modeというのがある.これは,リアルタイムに文法ミスとかのコンパイルエラー部分を強調表示してくれる.

まずMakefileに,

check-syntax:
    gcc -o null -Wall -S ${CHK_SOURCES}
sample:
    gcc -o sample sample.c

と書いておく.

その後,EmacsでM-x flymake-modeと入力すると,flymakeモードになる.#include<stdio.h>せずにprintfを使うと怒られたり,いろいろすごい.

動画での説明も貼っておきます.


D

問題は僕がEmacsではなくvimユーザであるということ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です