PythonでのORマッパー:SQLAlchemy

Pythonでデータベースを扱うときには,ORマッパーが便利.
ORマッパーとは,Pythonのクラスのインスタンスとデータベースのレコードとを対応付けるもの.
これを使うと,DBアクセスがとても簡単になるし,SQLを書かなくてすむ.
使用例

from sqlalchemy import Table, Column, Integer, String, Date
from sqlalchemy.ext.declarative import declarative_base
from datetime import datetime
class User(declarative_base()):
    __tablename__ = 'observation'
    id = Column(Integer, primary_key=True)
    date = Date()
    pos_x = Integer()
    pos_y = Integer()
    def __init__(self, date, x, y):
        self.date = date
        self.pos_x = x
        self.pos_y = y
    def __repr__(self):
return "<Task('%s', '%d', '%d')>" % (self.date, self.pos_x, self.pos_y)

こんな感じで,クラス定義にちょこっと追加するだけで,このクラスに対応したデータベースが作成される.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です