チャイナシンドローム

「チャイナシンドローム」という映画を観た。

チャイナシンドロームとは、映画の中で出てくるジョークで、アメリカの原子力発電所の原子炉が炉心溶融してメルトスルーしたあと、地球の内部を突き抜けて中国まで到達してしまうというもの。

そんなことから、この映画、炉心溶融してわーきゃーするパニック映画だと思ってレンタルして観たわけだけど、全然違った。

まぁパニックは起きるけれど、内容としては、原子炉のずさんな管理と事故の隠蔽、テレビ局との利権のごにょごにょ、事実を知ってしまった人が命狙われる・・・とまさにどっかで聞いたような話。

事故の内容も、水位が下がって炉心が露出しちゃってたかも・・・とか、何とかするためにバルブを開いて圧力を云々・・・とか、ほんとシャレになってない内容。

後半、どうみてもバッドエンドフラグ立ちまくりからの最後まさかの展開。東日本大震災での原発事故で話題になっていたので観てみたけれど、結構おもしろい映画だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です