C言語の char x[] と, char *x の違いを理解するためのコード.解答編

C言語の char x[] と, char *x の違いを理解するためのコードの解答ですが,ポイントは,「領域」にあります.

プログラムは,(色んな分け方がありますが)メモリ上ではいくつかの領域に分かれています.

  • コード領域:プログラムのコード本体が入っている領域
  • 定数領域:定数(リテラル)のための領域
  • スタック領域:変数や関数呼び出しなどに用いられる領域
  • ヒープ領域:動的にメモリを確保するとき用の領域

などがあります.

ここで,

int main(){
char x[] = "hoge";
char *y = "hoge";
x[0]='a';
y[0]='a';
return 0;
}

の2行目,

char x[] = "hoge";

では,文字列”hoge”5バイト分*1の配列xをスタック領域に確保し,そこへ’h’,’o’,’g’,’e’,’\0’の文字列を格納しています.

それに対して,3行目,

char *y = "hoge";

では,定数領域上に”hoge”という文字列の定数を,スタック上にはchar型のポインタを確保し,そのポインタに,定数領域上の”hoge”の場所を格納しています.

4行目ではスタック上に確保された”hoge”の先頭の文字を’a’に置き換えています.これはOK.

でも5行目では,定数領域上に確保された”hoge”の先頭の文字を置き換えようとしています.

定数領域は書き込み不可なのでここでセグメンテーション違反が起きます.

*1:'h','o','g','e','\0'の5文字.最後はヌル文字で文字列の終端を表す.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です