findコマンド

Linuxのfindコマンドはかなり奥が深い.

ふつうは

find 「ディレクトリ名」

とすることで,そのディレクトリ以下のディレクトリ,ファイルを再帰的に列挙できる.

今日知ったオプションは,-maxdepthと-name.

  • maxdepthというオプションを付けると,何階層下までディレクトリを降りていくかを指定できる.

また,-nameというオプションは,正規表現で出力すべきファイル名を指定できる.

なので,2階層下までのうちのjpgファイルを出力する場合,

find ./ -maxdepth 2 -name "*jpg$"

とすればいい.便利.

ほかにも -And や -Or というオプションがあり,他のオプションをAndやOrで組み合わせられるらしいけどまだ試してない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です