Ubunt AMD64 の罠


64bitOSの時代がきてる

最近のMacOSXは64bit.さらに,WindowsもVista, 7あたりから,64bit版がメジャーになってきた.PCに搭載されるメモリが4GBを超えてきたため,これからOSを使うなら64bitを選ばないと,PCのスペックをフル活用できない.

で,思い立ってLinuxをUbuntu 64bit版にしようと,インストールした.サーバ用途ではなく,普段のデスクトップマシンとしての利用.

Desktop用64bit版がない?

とりあえずCDをダウンロードしようと,Ubuntu Japanese Teamへ行き,ダウンロードページ中をさがしたけれど,64bit版は見当たらない.IA-64はあるものの,今回はCore 2 Duo搭載マシンにインストールしたいので欲しいのは,x86_64もしくはAMD64と呼ばれるやつ.

Server版にあった

Server版の方はx86,AMD64,UltraSPARC T1をサポートしているようなので,こちらをダウンロード.

インストール

最近のDesktop版Ubuntuのインストールは,めちゃくちゃ簡単.難しい知識なしに,ほとんどマウスのクリックだけで勧められて,下手すればWindowsのインストールよりも簡単なくらい.

一方,Server版のインストールは昔ながらの(?)テキストベースでかなりハードコア.といっても,画面の指示に従って進めていけば特に問題なくインストールできる.

アプリケーションの追加,そして

Server版と言ってもUbuntuなので,アプリケーションの追加もapt-getでらくらく.それにServer版はインストール時点でnisとかapacheとかautofsとか一通りあるので困らない.

で,色々入れた後,latexを入れようとしたところで詰まった.AdobeReaderのLinux用64bit版がない….というわけで,64bit版Ubuntuの利用を諦め,32bit版に戻した.残念….

追記:実は使えたのかも

32bit版に戻してから,色々調べていると,

sudo apt-get install ia32-libs

というコマンドで32bit版のライブラリをインストールしたあとで,

sudo dpkg -i --force-architecture hoge.deb

のコマンドによって強制的に異なるアーキテクチャのパッケージ(例ではhoge.deb)をインストールすれば64bit版のUbuntu上で32bit版のアプリケーションが使えるようになるらしい.今度64bit版を使うときには試してみよう.