evervimでリストの入れ子が出来るようにした

vimにはEvervimというプラグインがあり,Evernoteのノートをvimから直接編集できます.
しかも,markdownを使って書くことができます(要pythonのmarkdownモジュール).

が,しかし

以前使っていた時に,保存して再度開くと,書いたものが消えている,ということが何度かあったので,しばらく使っていませんでした.

今回,そのバグフィックスをしました.
調べてると幾つか問題がありましたが,その一つが,ulやolのリストを入れ子にすると,再度開いた時に,入れ子構造が壊れて,入れ子の上の階層に戻って以降が消える,というもの.

evervimのコードを見ていくと,Evernote用のXML形式であるENMLをパースしてmarkdownへと変換する関数が,入れ子に対応していなかったのを発見.
修正してプルリクエストしておきました.

LibSVMはOpenMP化して使いましょう

LIBSVMというSVM(Support Vector Machine)のライブラリがある.
SVMで学習したり認識したりするときは特徴ベクトルとサポートベクトルの演算があり,結構時間がかかる.

FAQを見ると,OpenMPで並列化させる方法が載っている.
OpenMPで並列化をすれば,CPUのコアを複数使って効率よく学習や認識ができるのでおすすめ.

これを見て知りました.
LIBSVMをマルチコア環境で速くする方法 using OpenMP+おまけ