Fedora 20素晴らしい

先日メインマシンをFedora 19から20へアップグレードしたが,また新たに別マシンにFedoraをインストールすることになった.
インストールも非常に簡単.DVDを入れて起動するとGUIでLive DVDとして起動するかインストールするかを聞かれ,インストールを選択すると,インストールが始まる.
インストール時にやることといえば,言語の選択,パーティションの選択と,ユーザ作成ぐらい.あとは勝手に進む.最後に再起動してDVDを取り出せばOK.
画像処理の研究をやっているとOpenCVをよく使うが,開発環境のインストールも非常に簡単.

yum groupinstall "C 開発ツールとライブラリー"
yum install opencv-devel

でOK.これでmakeとかgccとか必要なツールと,OpenCVを使った開発に必要なライブラリがインストールされる.しかも,gccのバージョンはかなり新しい4.8.2で,OpenCVのバージョンも2.4.7(最新版は2.4.8)と嬉しい.また,Pythonも2.7.5が入っている.
CentOSで開発しようとすると,gccもOpenCVも古くて,まずgccをソースコードからコンパイルして入れ,さらにOpenCVをコンパイルしていたが,Fedora 20やっぱり素晴らしい.
LinuxでOpenCV使った開発はFedora 20がとても良いと思う.

コーヒー

コーヒーを1日3,4杯飲んでいる.昨年12月頭に買った100パックがなくなったので,また100パック購入した.
買ったのはこれ


前回はこれの,キリマンジャロブレンドを買ったので,今回はスペシャルブレンドにしてみた.届くのが楽しみ.

CINTIQ 13HD Creative Pen Display

新しくペンタブレットを購入した.WacomのCINTIQ 13HD

何か絵を書くためではなく,研究で使うデータに対するアノテーション作業に使うのが目的.
今回はFedora20のマシンに接続して使う.接続はUSBとHDMIの2本でPCにつなぐ.
タブレットの画面は単純に外部ディスプレイとして認識され,それ以外の部分がUSBでタブレットとして認識されるっぽい.
WindowsやMacでは専用ドライバがあり,それをインストールすることで設定ツールも入るっぽい(試してないので分からないが).
Fedora20では,ワコムタブレットとして認識され,「設定」から,キャリブレーションやキーの割り当てができる.
自作のアノテーションツールはキーボードショートカットを使うので,そのキーボードショートカットをそれぞれのボタンに割り当てた.
すると大抵の作業がタブレットだけでできるようになり,作業がかなり効率的になった(気がする).

EIZOのディスプレイ

職場での作業用ディスプレイを,DELLの24インチディスプレイから,EIZOのFlexScan EV2736W-FSへ変更した.
広視野角IPSパネルの27.0インチで,2560×1440の解像度.非常に見やすい.特に,Paperモードという機能,紙を読んでるみたいな感じの表示になるもので,目に優しそう.論文読むときに試してみよう.
基本的にはターミナルを全画面表示して,tmuxで4分割ぐらいにして使っている.(無駄遣い?)

親知らずを抜いた(2本目)

以前親知らず(右上)を抜いて,それに引き続き第2弾は右下.朝イチで大学病院に行ってきた.
下を抜くときは結構大変という噂を聞いていたが実際大変だった.
骨に食い込んでたら,骨を削って取り出すとの事だったっが,さすがにそこまでではなかった.
ただ,大学病院の日帰り手術室での軽い手術だった.いわゆる手術室っていう感じの手術室で,はじめての経験だった.
抜くの自体はほとんど痛みなく(麻酔の注射だけ痛かった)終わったが,麻酔が切れてからが大変だった.普通は仕事を休んだりもするらしいけど,普通に出勤したのがミスだったか….鎮痛剤を飲みながらなんとかやり過ごして今に至る.

自宅で作業

今日は一日中自宅で作業していた.
本来快適なはずの自宅だが,この部屋は全然仕事に適していない.まず,椅子が悪い.すごく座面の小さい折りたたみ椅子.しかも座面は木製.疲れる.さらに,机も微妙に低い.椅子がちょっと高くて机が低いので,長時間作業がとても疲れる.
この環境を改善したい.とりあえずガスチェアが欲しい.

PRMU/MVE/CVIM/SIG-MR

パターン認識・理解研究会、仮想環境基礎研究会、コンピュータビジョンとイメージメディア研究会、複合現実感研究会の合同研究会@大阪大学に行ってきた。
毎年1月の研究会は4研究会合同の大規模な研究会が開かれる。参加者・発表者が多いと、面白い研究も多いし、議論も盛り上がる。さらに、普段参加しない学会の研究も聴けて楽しい。
ところで、今日は昨日に引き続き、天津中華丼を食べた。これは、天津飯の上に中華丼の具(八宝菜?)が乗っているやつ。

阪大出張

大阪大学に出張で行ってきた。
吹田キャンパスには何度か行ったことあるが、今回は初の豊中キャンパス。京都からだと阪急とモノレールで意外と簡単に行けた。
昼ごはんは、オススメされた阪大名物(?)の天津麻婆丼。天津飯的な玉子の上に天津飯的なタレがかかっていて、その上に麻婆豆腐が乗っている。

Skim.app使ってます

この時期,卒修論の添削をしている.直接学生に直接会って返却することが出来る場合は紙ベースのやりとりをするが,休みの日等で直接あって返却出来ない場合,PDFベースのやりとりになる.
Acrobat ReaderでもPDFに注釈を付けられるけど,最近MacのアプリのSkim.appを使っている.
アップデート
 
ツールバーはこんな感じ。
skim
ひと通りのことができることがわかると思う。下線や打ち消し線を弾いたら、クリックしてコメントも記入できる。