LEMON Graph LibraryをMacで使う(成功)

先日書いた記事では,LEMON Graph Libraryをhomebrewでインストールしようとしてうまくいかないという話だった.

今回,うまく行ったのでメモ.

手順としては,gccの新しいやつをいれ,それを使ってlemon-graphを入れれば良い.
lemonはgccの新しいやつでないとコンパイルが出来ないらしい.

まず,gccのインストールは

brew tap homebrew/versions
brew install gcc49

これでgccの4.9が使えるようになる.
そして,次はlemon-graphをgccを使って入れる.
ここでは, --interactive オプションが重要.

まず,COINORのリポジトリを追加して,

brew tap dpo/homebrew-coinor
brew install lemon-graph --interactive

これを実行すると,シェルに戻ってくる.
ここで,手動でビルドしてインストールすれば良い.
lemonのバージョンが1.3でgccが4.9の場合

cmake -DCMAKE_C_COMPILER=/usr/local/bin/gcc-49 -DCMAKE_CXX_COMPILER=/usr/local/bin/g++-49 -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/Cellar/lemon-graph/1.3
make
make install
exit

することで,brewによるインストールが完了し,元のシェルに戻る.
これで無事LEMON Graph Libraryが使えるようになった.