agに--pager="less -R"すると捗る

最近話題のthe_silver_searcherを使い始めた.
the_silver_searcherはagというコマンドで,ざっくり言うとgrepの強いやつ.
聞いた話だと

grep < ack < ag

grep代わりに使っている.

インストールはとても簡単で,Macなら

brew install ag

Linuxならここからgitで取ってきてコンパイルすればインストールできる.

基本的にgrepなので,

grep hoge foobar.txt

としていたところを

ag hoge foobar.txt

とすれば良い.

さらに,ディレクトリ下の複数ファイルにも対応していて,引数にディレクトリを指定すれば,その中のファイル内を検索してくれる.さらに表示はカラフル.

この時,該当するファイルや行が多いと1画面に収まらない.パイプでlessに渡すとせっかくのカラフルな表示がなくなる.

調べたところ,
agコマンドの結果をlessでカラー表示する
という記事を見つけた.

これによると,.alias等に

alias ag='ag --pager="less -R"'

しておくことで,画面に収まらない場合はlessで表示してくれるようになる.

こちらの記事では,zshやvimからagを使うようにする設定も書かれていて,これをやると非常に便利になる.
ackを捨てて、より高速なag(The Silver Searcher)に切り替えた