寺のIT化

POLAR BEAR BLOGの寺をIT化せよというエントリで、

中島聡さんの『おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由』を読んでいて、実は「寺のIT化」は時代のニーズなのかもしれないと感じました。そんなことを考えた箇所を引用すると:

ブログについて常々思うのは、僕が死んだら誰もブログに書き込まなくなるのだし、死後もずっと読めるようにしてくれ、ということですね。そんなサービスを誰か提供してほしい。骨になったらコミュニケーションもとれないのだから、お墓を残していても意味ないけど、ブログをインターネット上に置いておけば、 30年、40年たったあとでも誰かが見に来てくれるかもしれない。お墓に永代供養料を払うお金があったら、ブログを維持するほうに使いたい。

だったらいっそのこと、寺にIT化してもらって、その辺を保守してもらったらどうでしょうか。あらかじめ死後にブログ/SNSアカウントをどうするか伝えておいて、必要があればコンテンツを寺の「墓サーバ」に移行、決められた人が見えるように置いておくと。加えて文章や画像など、ネットにアップされていないファイルも預けることが可能で、寺は責任を持ってそのファイルを管理する(必要に応じてフォーマットを変換したり、媒体を変えることで、過去のデータでも常に閲覧可能状態にしておく)などということになれば完璧でしょう(ついでにヤバいファイルはコッソリ消してあげるよ、なんてのもありかも)。またお寺であれば、墓を維持・管理してきたノウハウや、遺族とどう付き合うかといったノウハウなども活用できるのでは?

という話題がありました。たしかに・・・。

毎年命日にはアクセスが急増したりするのかな。有名人のブログなんかだと、命日の時にアクセスが殺到して寺のサーバが落ちたりするかも。

アカウントの管理はどうするんだろうか。あらかじめパスワードを伝えておく?それだとセキュリティ的に気持ち悪い。でも死ぬ直前にパスワードを伝えるようにすると、死期を悟った場合はいいけど事故とかで急死した場合は無理・・・。

あ、その故人のブログを全部クロールして保存すればいいのか・・・。で、故人の最後のエントリにトラックバック送ってリンクを貼ればOK。